X01HT でサーバをリモート管理できるか? 第二弾 BearCatのモバイルと音楽のある生活

X01HT でサーバをリモート管理できるか? 第二弾のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

X01HT でサーバをリモート管理できるか? 第二弾

たまたま、インターネット上の記事を読んでいたら、UltraVNC の話題に行き当たり、ハタと思いつきました。
Windows Mobile に対応したVNC ビューアがあれば、VPN 経由で Windows Server をリモート管理できそうです。
検索すると、『.NET VNC Viewer』というのが Windows Mobile に対応しているようです。
.NET VNC Viewer
早速ダウンロード。サイズはたったの140KB??
この間の Telnet クライアントですら、750KB 近くあったのに...

で、まずは接続するサーバを用意する必要がありますが、自宅にサーバなんてあるわけが...Windows NT Server 4.0 ならあります(もちろん正規ライセンスです)。
次に、VNC サーバを用意。
『UltraVNC 1.0.2 日本語版 Release 2』をダウンロードします。
しかし、対応 OS を確認すると、Windows NT Server 4.0 は含まれていませんo( _ _ )o
仕方がないので、この間構築した VirtualPC 上の Windows Me に Ultra VNC を一式インストールします。
X01HT の解像度は QVGA(320×240)で、サーバ側の解像度を高くしても意味がないので、解像度を VGA(640×480)に変更しておきます。
VNC サーバを起動すると、タスクバーにアイコンが表示されます。
Windows Me に UltraVNC 日本語版をインストール

X01HT 側で .NET VNC Viewer を起動。
とりあえず、接続先とパスワードだけ入力して Go!
.NET VNC Viewer 起動画面
...Wi-Fi で繋がっているのに、なぜか 3G で接続しようとするので、これはキャンセル。
でも、なんとかサーバに繋がりました。
.NET VNC Viewer 接続直後
まあ、解像度が面積比で 1/4 しかないので予想通りですが、なんだかよくわからない状態になっています。

VNC ビューアの画面を縮小する機能を利用することにしましょう。
.NET VNC Viewer のメニューから
[View] - [Client-side scaling] - [1/2 of server]
[View] - [Full screen]
を選択します。ビューア側で画面の縮小をかけて、全画面表示するということですね。
.NET VNC Viewer クライアント側で縮小したデスクトップ
画面に収まりましたが、文字が潰れて読める状態ではありません。

画面を長めにタップするとメニューが現れるので
・[View] - {Client-side scaling] - [None]
・[View] - [Server-side scaling] - [1/2]
の順に選択します。
サーバ側で画面の縮小をかけるということです。
.NET VNC Viewer サーバ側で縮小したデスクトップ
これなら、十分文字も読めるでしょう。

コントロール パネルを表示した結果。どちらが見やすいかは一目瞭然です。
クライアントで縮小
.NET VNC Viewer クライアント側で縮小したコントロール パネル

サーバで縮小
.NET VNC Viewer サーバ側で縮小したコントロール パネル

参考までに、オリジナルの画面(クリックすると拡大します)。
オリジナルのコントロール パネル

次に、キーボードからの入力。
まあ、普通に英文字は入ります。
.NET VNC Viewer アルファベット入力

次に、クライアント側からの日本語入力。
.NET VNC Viewer 日本語入力(サーバ側)
これは、NG。入力した文字はどこかに消えてしまいます。

クライアント側を半角無変換にして、サーバ側の IME をON。
.NET VNC Viewer 日本語入力(クライアント側)
これは、OK。

ちなみに、ALT キーとか Fn キーや Ctrl+Alt+Del などは、.NET VNC Viewer のメニューから [Keys] を選択すれば入力できます。
メニューをキャプチャできないので、画像はありませんが...

この、.NET VNC Viewer を使っていて苦労したのは、画面のタップ時間により「マウスのクリック」と「メニュー表示」を切り替えるところです。X01HT にはマウスがありませんから、仕方のないところではありますが。
また、画面の解像度が低いこともあって、正確にポイントするのも至難の業です。
慣れるまでに、しばらくかかりそうです。

.NET VNC Viewer でサーバを管理するのは、かなり辛そう。というより、X01HT の解像度で GUI ベースというのがそもそも無理がありそうです。
日常的な管理は無理としても、最後の手段としては有効かも知れません。
VNC サーバは Windows のサービスとして登録できるので、ログインしていない場合でもなんとかなりそうです。
スポンサーサイト

2007年09月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。