X01HT の TV コールボタンにアプリを割り当て BearCatのモバイルと音楽のある生活

X01HT の TV コールボタンにアプリを割り当てのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

X01HT の TV コールボタンにアプリを割り当て

X01HT の TV コールボタン、1度も使ったことがありません。
しかしこのボタンは、Windows Mobile の設定画面からはボタンへのプログラムの割り当てができません。
このキーの入れ替えができることは、あちこちのブログで見かけていたので、思い立って入れ替えることにしました。

TV コールボタンは VTKey.exe というプログラムに割り当てられているそうです。
これを特殊なキーコードを出力するダミーのプログラムに置き換えるという方法で、プログラムの割り当てを変えるということらしいです。

まずは、『ここ』から VTKey.exe を入手します。
VTKey.exe はシステムファイルなのでそう簡単にはコピーできないとのこと。
まず X01HT を再起動して、エクスプローラで Windows フォルダに突っ込んでみました。上書きできないと怒られます。これは想定の範囲内。

定番のファイラ『GSFinder+ WM5』を使って、Windows フォルダに突っ込んでみます。
VTKey.exe コピー失敗
...ダメじゃん。
使い方を間違っているのかなぁ。
ファイルをタップして表示されるメニューから、[送る] - [フォルダにコピー] で、Windows フォルダに突っ込んでみます。ビンゴ!
理由はわかりませんが、これでコピーできました。

次に、『PQzⅡ』というユーティリティをインストールします。
インストール後、正しく動作させるためにちょっと設定をしなければなりませんが、そこは本家本元のページを参照して、ごにょごにょと。
余談ですが、常駐するプログラムはできるだけ敬遠しているのですが、『PQzⅡ』はメモリの使用量が 80~100KByte 程度とのこと。微々たるものなので、入れてみることにしました。

さて、VTKey.exe のダミープログラムはキーコード 0x88 を出力すると書いてあるで、『PQzⅡ』で以下のように設定をしてみます。
PQzⅡでキー割り当て
ここでは、『VJCandela Lite』という htc 製 Windows Mobile 機のフラッシュライトを点灯&消灯をトグルするプログラムを設定してみました。

めでたく、TV コールボタンを押すと X01HT が懐中電灯に。
携帯が懐中電灯になると案外便利なんですよね( ̄ー ̄)
スポンサーサイト

2007年09月24日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。