ソニー MDRシリーズ最上位機種発売 BearCatのモバイルと音楽のある生活

ソニー MDRシリーズ最上位機種発売のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ソニー MDRシリーズ最上位機種発売

ソニーの報道資料によると『新開発大口径16mmドライバーユニットを採用し、豊かで臨場感ある高音質を実現した密閉型インナーイヤーレシーバー 最上位機種 発売』だそうです。

「MDR-EX700SL」という型番になるそうですが、これまでの最上位機種「MDR-EX90SL」の口径が 13.5mm だったのに対し、「MDR-EX700SL」の口径は 16mm 。
少しの違いにしか見えませんが、面で考えると 40% 以上も広くなっています。

私は今、「MDR-EX90SL」を使っているのですが、これでも装着するとぴったりフィットしている状態です。「MDR-EX700SL」が耳に入るか心配なところですが...
どうやら、ドライバユニット(要するにスピーカー部)を耳の穴に対して垂直に配置することで解決しているようです。耳の穴の壁に向かって鳴っても良い音で聞こえるのでしょうか?

希望小売価格は「MDR-EX90SL」では 12,390円(税込)に対し、「MDR-EX700SL」は 36,750円(税込)とほぼ 3倍 「( ̄□ ̄;)」

価格はともかくとして、「MDR-EX90SL」の出来が非常に良いだけに、その最上位機種となる「MDR-EX700SL」にはとっても期待ができます。

10月20日発売だそうです。試聴する機会があったら是非試してみたいですね。
でも、X01HT にはオーバースペックかなぁ...
スポンサーサイト

2007年09月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。