VirtualPC で懐かしのゲーム 第三弾 Rev.2 BearCatのモバイルと音楽のある生活

VirtualPC で懐かしのゲーム 第三弾 Rev.2のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

VirtualPC で懐かしのゲーム 第三弾 Rev.2

またしても、マイナーなジャンルのフライトシムもの。
今回動かしてみたのは、『ISRAELI AIR FORCE』略してIAF。
IAF
これも、Jane's COMBAT FLIGHT SIMULATIONS シリーズです。
名前の通り、イスラエル空軍を題材にしたフライトシムです。

すんなり起動しました。
オープニングがまたカッコいい。
IAF オープニング

ヴァーチャルマシン(VM)上であるにも関わらず、動きは滑らか。
この時期のフライトシムとしては、手抜きとしか思えない解像度(VGA)のお陰かも知れません。
IAF 飛行中
飛ぶのはジョイスティックがないと無理ですが、動作には問題ありませんでした。
とはいえ、なぜか終了時に OS を道連れに固まってしまうのですが。まあ、VM だからどうってことないけど。

それからこの後、同じ Jane's COMBAT FLIGHT SIMULATIONS シリーズの怪作『USAF』もインストールしてみたのですが、何回やっても起動画面で固まってプレイできませんでした。


実は、VM の OS は Windows Me です。
最初は IAF を Windows 95 にインストールしてみたんですが、エラーが出て動きませんでした。
で、急遽、Windows Me の VM を構築したのですが、久しぶりのインストールだったので苦労しました。(こっから下は愚痴です)
Windows Me インストール
とりあえず 4GB と 8GB のヴァーチャルディスクを用意したのですが、Windows 95 用の起動ディスクに入っている FDISK コマンドって、FAT にしか対応していないので、基本パーティションが 2GB なのね。
で、Windows Me 用の起動ディスク(もちろんリアルな)を探したのですが MIA になった模様。
仕方がないので、一度 Windows Me の環境を構築して起動ディスクを作成し、改めてそこから FAT32 でパーティションを作成、再度 Windows Me の環境を構築という手順をとりました。

こんなことなら VirtualBox で環境を構築しておくんだった...
スポンサーサイト

2007年09月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。