USBが使える仮想化ソフトウェア BearCatのモバイルと音楽のある生活

USBが使える仮想化ソフトウェアのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

USBが使える仮想化ソフトウェア

『VirtualPC で懐かしのゲーム 第二弾』を書いていて、そういえば昔、USBが使える仮想化ソフトの記事を読んだ記憶が蘇り、検索してみました。
ありました。
『VirtualBox』という仮想化ソフトです。
VirtualBox

読んだのは、ITmediaの『「Vistaじゃ使えねえぇぇ」――見捨てられた周辺機器で幸せになる』という記事でした。
Vistaで使えないプリンタをヴァーチャル マシン(VM)上で動かそうって話。

他にもいろいろな情報が...
『VirtualBox 1.3.8の使い勝手』と題したページでは、ホスト OS とゲスト OS のパフォーマンス比較を行っています。
案外、パフォーマンスは悪くないような気がします。

PC Watch の『Windows Vistaで使える仮想化ソフトを試す』という記事では、いくつかの代表的な仮想化ソフトを比較しています。

フライトシムを動かすには Direct3D のサポートがないと辛いところ。
仮想化ソフトの老舗、VMWare謹製『VMWare Workstation 6』では、USB が使えて、Direct3D 8 準拠。サポート対象外なのはかまいませんが、既に人柱になった方の情報を探したところ、まともに動かないみたい。

仮に、USB サポートがあっても、フライトシムをまともに動作させるのは無理かなぁ...
スポンサーサイト

2007年09月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。