VirtualPC で DOS環境 + Windows 3.1環境を構築してみる BearCatのモバイルと音楽のある生活

VirtualPC で DOS環境 + Windows 3.1環境を構築してみるのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

VirtualPC で DOS環境 + Windows 3.1環境を構築してみる

夏休みなので、『Virtual PC 2004』をインストールし、DOS環境を構築してみました。
DOS6.2

最新版の『Virtual PC 2007』が出ているにもかかわらず、なぜ今更 2004 かというと、2007 では DOS のアドオンが入っていないから。
こいつがないと、CD-ROMドライバがインストールされず、Virtual PC 上の CD-ROM が利用できないのです。

なぜ、CD-ROM を利用したいかというと...この後、Windows 3.1 とか Windows 95 環境を構築してみたいのね。こいつらは、CD-ROM からブートしてインストールするなんてことできないので。

で、アドオンを入れた後の CONFIG.SYS と AUTOEXEC.BAT 。
CONFIG.SYSAUTOEXEC.BAT
CONFIG.SYS
AUTOEXEC.BAT
懐かし~...てか、全然覚えてないや。

続いて、Windows 3.1 をインストール。
インストールしただけでは、画面の解像度が SVGA(800×600)止まりです。
『Virtual PC 2004』は、グラフィック デバイスとして S3 Trio 32/64 PCI をエミュレートしているので、これに対応したドライバを使えばもう少しましな解像度で表示できるはずです。
以下のURLからTrio64V2用ドライバを手に入れました。
http://www.s3graphics.com/en/resources/drivers/legacy/software_archive.jsp

その結果...解像度は XGA(1024×768)まで上げることができました。
Windows 3.1
懐かし~...てか、しょぼ~
スポンサーサイト

2007年08月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。