X05HT 用に Bluetooth 対応製品を買ってみた(その1) BearCatのモバイルと音楽のある生活

X05HT 用に Bluetooth 対応製品を買ってみた(その1)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

X05HT 用に Bluetooth 対応製品を買ってみた(その1)

X05HT と ヘッドフォンがあれば、移動中は音楽をかけっぱなしにすることはできます。
しかし、泊まりがけの出張の宿泊先でもヘッドフォンつけっぱなし、というのはちょっと辛いので、Bluetooth スピーカーを購入することにしました。



要求スペックとしては...

持ち歩くことが前提なので、それほど大きくないこと。

電池駆動できること。
宿泊先なら電源は確保できるでしょうが、屋外で使いたい場合もありそうなので。
さらに、単三か単四電池に対応していれば、エネループが使い回せるので便利です。

出力は、左右あわせて2Wくらいはほしいかな。
それほど大きな音が出る必要はありませんが、蚊の鳴くような音で鳴られても役に立ちません。

音質については、贅沢を言えばきりがないので、そこそこあればいいかなぁ。
そもそも、音源が圧縮されているので、あまり気にしても意味がありません。



で、検討した結果購入したのが、『Wireless Mobile Speaker BIT-STB2819R』
Wireless Mobile Speaker BIT-STB2819R

コンパクト(18cm×4.5cm×4.5cm)で、単三電池4本で駆動、USBからの電源供給も可能、出力が左右それぞれ2Wと、要求スペックは充分クリア。
重さも電池込みで 300g(本体 180g 、電池4本 120g)程度なので、持ち運びにも支障はなさそうです。
ダイナミックレンジが 20Hz~20KHz というカタログスペックは、1万円を大きく切る価格帯では俄には信じられませんが(低音域、一桁間違ってないか?)。

Bluetooth でサクッと認識されます。
Bluetooth デバイス認識結果

オーディオ機器は得意分野ではないので、音質についてはざっくりした感想しか言いようがありませんが...値段の割にはそこそこ良い音がします。
でもって電池で再生が可能な時間ですが、エネループを利用した場合、1日1~2時間程度の使用であれば 1ヶ月くらいは持つようです。

まあ、いい買い物をしたかなぁという気はします。

小さいので、行方不明にならないよう赤にしてみました。
性能は2倍にはなりません ☆\(- - )

スポンサーサイト

2009年08月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。