X05HT 購入3日目 カスタマイズを継続中 BearCatのモバイルと音楽のある生活

X05HT 購入3日目 カスタマイズを継続中のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

X05HT 購入3日目 カスタマイズを継続中

X05HT については発売されたばかりであまり情報がありませんが、OS や TouchFLO 3D のバージョンは イー・モバイル版 Touch Diamond 「S21HT」やソフトバンク版 Touch Diamond 「X04HT」と同じなので、基本的には同じカスタマイズが可能なはずです。



で、いろいろ情報を漁っていると面白いものを見つけました。
PocketGames さんのブログ『本体の傾きにあわせてS21HTの画面を回転 - Gyrator』に動画を含めた詳しい内容があるので、ここでは詳細には触れませんが...。
Gyrator 2

Touch Diamond には傾きを検知するセンサー「G-Sensor」が搭載されていますが、この機能を利用しているのは Opera ブラウザと Teeter というゲームだけです。
Opera ブラウザ では X05HT 本体を横向きにすると、画面も横向き(Landscape)になります。
Gyrator はこれを他のアプリにも拡張するアプリです。

傾きに対する反応はモッサリした感じですが、Google マップなどで横向きの画面を見たい時に本体を傾けるだけで Landscape になるのは便利そうです。
ただ、携帯ケースに逆さまに突っ込んでおいてメール着信があると、画面が逆さま(ナビゲーション コントロール 側が上)になって表示され、一瞬どきっとします "/(;-_-)

欠点があるとすれば、.NET Compact Framework 3.5 が要求されること。
まあ、X05HT のデータ記憶領域は多めなので本体側にインストールしても致命的ではありません。

また、デフォルトでスタイラスを本体に収納するとロックがかかるお節介な設定になっているので、ここら辺は好みでオプションを変更する方が良さそうです。



Windows Mobile 標準の「電卓」のデザインがあまりにヒド過ぎるのは WM 6.1 でも変わりません。
X01HT で使っていたフリーの「片手間電卓」を X05HT にもインストールしたのですが、hueyhuey さんのブログ『Touch Diamondの日記』『電卓のスキン変更』という記事を発見。
早速インストールしてみました。
電卓 スキン
X05HT のデザインとマッチしています。
また標準の「電卓」にスキンを被せただけなので、「片手間電卓」よりサクッと起動します。
私としては機能的には標準の「電卓」で十分なので、「片手間電卓」はとりあえずアンインストールしました。



カスタマイズをさらに続けて、カメラ機能の変更。
『htc Fan Site』のフォーラムに『S21HTのカメラモードを追加』というスレッドを発見。連写とかスポーツといったモードが追加できる模様。
レジストリを書き換えるアプリとして公開されているようです。
X05HT のカメラが S21HT と同じかはわかりませんが、とりあえずインストールしてみました。

インストール前のモードは下記の通り。
カメラ - キャプチャモード変更前

インストール後は、標準のキャプチャモードのところに「次へ」が表示され、ここをクリックすると追加されたモードが表示されます。

カメラ - キャプチャモード変更後(1)

カメラ - キャプチャモード変更後(2)

連写モードを試したところ確かに連続して撮影されるので、モードは有効になっているようです。



Hotapapa さんのブログ『ホタパパの“我的最愛”電脳日記』の記事『“X04HT”カスタマイズ継続中!』で、「Advanced Configuration Tool」なるものを発見。
かなり高度なカスタマイズができそうなので、とりあえずインストール。

Advanced Configuration Tool (1)

Advanced Configuration Tool (2)

画面見ただけで気持ちが萎えました ☆\(- - )
...まあ、そのうち何ができるか見ていくことにします。

スポンサーサイト

2008年12月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。